アダルト動画におすすめなVRゴーグルはどれ?未体験でも失敗しないリアルな選び方とは?

↓×ボタンで広告を閉じると動画です↓

2016年にVRが誕生してから、今では様々なVRゴーグルが発売されています。

中でも、アダルト動画をVRで視聴したいという意味でVRゴーグルを購入する方が多いようです。私もその一人でした。

国内最大であるアダルト動画配信サービスFANZAもVRのエロ動画に力を入れており、1年間のVR作品売上が40億円以上も記録するほどの需要です。

あなたもこの記事を読んでいるということは、VRアダルト動画に興味はあるけどどのVRゴーグルを選べばいいのか迷っているかと思います。

そこで今回はVR未経験者に役立つVRゴーグルのおすすめや選び方についての内容をお伝えしていきますね。

と、その前にまずはアダルト動画のVRの雰囲気を無料で体験してみましょう。

簡単にアダルト動画をVRで無料視聴する方法

0円ですぐにアダルトVR動画を体験したい方はFANZAの「無料お試しVR動画」がおすすめ!

今ならなんと17作品ものアダルトVR動画を無料で視聴できます。

無料作品では深田えいみ・佐々波綾・倉多まおなど、人気女優の作品が多数揃ってるので体験するにはすごくオススメです。

↓無料で視聴できるVR作品一覧↓

無料VR動画

無料VR動画の視聴までの手順はとっても簡単!

  1. DMM無料会員登録ボタンからメールアドレスとパスワードを登録
  2. VR視聴アプリをダウンロード

たったこれだけで視聴可能!
もっと観たい!という方は期間限定の200円VR動画で安くフルで楽しめるのでこちらもおすすめ!

人気動画から今月配信されたばかりの新作動画まで選び放題!!

VRゴーグルは高価なイメージがあり、手が出しづらいと思うかもしれませんが安価にVRを体験する方法もちゃんとあります。

一言にVRゴーグルといっても、色んなタイプに分かれておりその用途によって掛かるコストも変わってくるのです。

では、まずはVRゴーグルの種類についてご紹介していきますのでこのまま読んでいただければ幸いです。

[blog_parts id="103″]

VRゴーグルには様々なタイプがあることを知っておこう

Oculus QUEST2
PSVR
VRゴーグル

まずはじめに初心者の方に知っていただきたいのがVRゴーグルには3つのタイプがあるということです。

これを知っておかずに「これでいいや」と購入してしまうと損をして「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるかもしれません。

VRゴーグルの選び方に失敗しないためにも、参考にしていただければと思います。

1.スタンドアロン型
外部機器と接続が不要で、VRゴーグル単体でコンテンツのダウンロード・視聴が楽しめるタイプです。高画質のVRエロ動画を視聴するにはこちらのタイプが最適といえます。

例:Oculus QUEST2など

2.PC・ゲーム接続型
PCやゲーム機器などにVRゴーグルを接続して使用するタイプです。例えばPSVRやOculus Rift Sが挙げられます。

例:PSVRなど

3.スマホ挿入型
スマホとVRゴーグルを組み合わせて手軽かつ簡単にVRエロ動画を視聴できるタイプです。難しい設定もなく他のタイプよりも安価なので初心者の方におすすめです。

ではここから、これら3つのVRゴーグルについて詳しく解説していきます。

スタンドアロン型VRゴーグル:高画質のVRアダルト動画をこれ一つで楽しめる

Oculus QUEST2

スタンドアロン型のVRゴーグルは、デバイスと一体型になった機器のためこれとネット環境があればいつでもVRアダルト動画を楽しむことができます。

PCなどの外部機器に接続が不要で、これ一つで動画のダウンロードから視聴までができるんです。なので他の機器との細かい設定も要らずストレスがありません。

動画は高解像度ディスプレイに直接映すことができるので、ありのままの高画質VRを視聴することができます。

これ一つでVRを体験できるのがいいですね。他のタイプのVRゴーグルはスマホかPCといった外部機器が必要になってきます。面倒な設定要らずでデバイスを持たずにVRを楽しむならこれ!
本体価格は2万円~とちょっと高めです。

接続型VRゴーグル:VRのアダルト以外にもゲームや動画を楽しみたい方向け

PSVR

VRアダルト動画以外にもゲームやPCで様々なVRコンテンツを楽しみたい方には接続型のVRゴーグルがおすすめです。

VRアダルト動画視聴だけではなく、高性能のVRゲームをプレイできるなど他にも使用の幅が広いのが大きな特徴です。

外部機器との接続が必要となるため、性能もハイスペックなVRゴーグルが多く映像がキレイかつ滑らかな画質なのでアダルトVRを楽しむにも最適ですよ。

今後VRアダルト動画の視聴以外に、色んなVRコンテンツを楽しみたい方は接続型VRゴーグルを検討してみるといいでしょう。

ゲーミングPCやPS4、5を持っているという人はVR対応のゲームにもアダルトVR動画にも使用できますので楽しむ幅が広がりますよ!
ただし、ハイスペックなのでVRゴーグルだけでもコストが3~4万はかかってしまうところがネックです。

スマホ用VRゴーグル:低コストでVRでアダルト動画を楽しみたい方向け

VRゴーグル

3種類のVRゴーグルの中では、一番コストがかからず手軽にVRアダルト動画を視聴できるのがスマホ用VRゴーグルです。

使用方法も簡単で、視聴したいVRアダルト動画を再生してVRゴーグルにセットするだけです。複雑な設定や操作がないので初心者の方でもすぐにVRを体験することができます。

価格も他のタイプのVRゴーグルと比べても300~3,000円とずば抜けて安いので、購入しやすくなっています。安く済ませた分アダルト動画に費用を充ててもいいかもしれませんね。

スマホ型VRゴーグルは種類が豊富にあるので、何がいいのか迷ってしまうほどです。またスマホをセットして使用するため、動画の停止やスキップなど専用のリモコンがないとできないといったデメリットもあります。

アダルト動画に最適なスマホ専用のVRゴーグルの選び方5つ

コストをかけずに、サクッとVRアダルト動画を体験してみたい方も多いと思います。そのため選ぶVRゴーグルはスマホ型が一番手が出しやすいのかなと思いますので、ここからはスマホ型VRゴーグルの選び方を5つご紹介します。

せっかくVRアダルト動画の世界を体験するのに、下手に購入してがっかりさせたくはありませんので最適で自分に合ったゴーグルの見つけてみましょう。

ポイントは5つ!

  1. 装着感
  2. 重量
  3. ピント調整
  4. 視野角
  5. 価格

こだわりは人それぞれあると思いますので、どの点に重視するのかはお任せします。

装着感はとっても重要

VRゴーグルの選び方の一つとして装着した時のフィット感がとても重要になってきます。頭にしっかり固定がされていないと視聴中のズレが物凄く気になってVRの世界観に集中することができません。

特にVRアダルト動画は、騎乗位からバックへの体位が変わったり観たい位置へ首を振ったりと視点移動が多くなってきます。

その途中でゴーグルがズレる度に修正しないといけなくなるので、絶頂状態でそれが起こるとすごくストレスになり気持ちいいオナニーの妨げになってしまいます。

また、安いものほど作りが甘く隙間が出来てそこから光が入り、本来のVRの良さである臨場感が薄れてしまうということが多いです。なので安すぎるものには注意しましょう。

日本製は作りもしっかりしていて日本人の骨格に合わせて作られているのでおすすめです。逆に海外製は合わないことが多かったですね。

重量での選び方には注意

VRゴーグルの重量は長時間の視聴によって、首の負担に影響が出てきます。そのため、選び方のコツとしては重量もなるべく軽量なものがいいです。

ただしスマホ型VRゴーグルの場合、ほとんどの重量を占めるのがスマホ本体でありVRゴーグル自体の重量の差はあまりないんですね。

その中でもなるべくは軽量なものに越したことはないので、VRゴーグルの重量を意識してみるのもいいでしょう。

重量を大きく軽くしたいのであれば、VRに対応した軽量なスマホに変えるのも一つの方法です。

ピント調整ができるVRゴーグルを選ぶ

VRゴーグルを使用する際、よく疑問に思われるのが「メガネをかけたまま使用できるのか?」というところです。

結論からいうと、メガネをかけている人のVRゴーグルの選び方としては2つ

  • メガネをかけたまま見れるVRゴーグルを選ぶ
  • メガネを外して装着するがピント調節機能ができるVRゴーグルを選ぶ

メガネをかけたまま見れるVRゴーグルを選ぶ場合

メガネをかけたまま使用できるVRゴーグルを選ぶ場合は、レンズ部分が広く設計されているゴーグルを選ぶのがおすすめです。

しかしメガネをかけたままの視聴の場合、装着感もあまり良くなく視野角がメガネに依存してしまうので視点を合わせる際により首を動かす必要があります。

細かい動きが面倒でストレスを軽減したいという方は、ピント調整機能がついたVRゴーグルがおすすめですよ。

ピント調節機能ができるVRゴーグルを選ぶ場合

メガネを外して自分の視力に合わせてピント調節ができるVRゴーグルもあります。こちらは、近視・遠視・乱視など様々な目の状態にも対応できるので普段メガネの方には非常に便利な機能です。

メガネがないため、装着感も良い上に視野角もVRゴーグル本来の性能をフルに活かせます。

それらに加えて、焦点距離や瞳孔間距離の調整機能があるとより快適な視聴ができるようになります。作品内では女優と密接した状態が多いため、焦点を合わせていないとぼやけて2重に見えてしまう原因になります。

以上のように、メガネをかけている人でもVRゴーグルを装着してVRアダルト動画を楽しむことができますのでポイントをおさえて自分が快適に視聴できるゴーグルを探してみてはいかがでしょうか。

スマホ対応ゴーグルの商品ページで「メガネ対応」の文字の記載があるものから選んでいきましょう。商品の詳細やレビューも参考にすると細かい情報がわかりますよ。

VRゴーグルは視野角が命

レンズを通して見える映像の範囲を視野角と言います。VRゴーグルでは、頭を動かさない状態で見える映像の範囲を指します。

VRは実際にその場にいるかのような感覚を味わえるのがメリットですが、この視野角が狭いとそれが薄れてしまいレンズを通してみているという感覚が残ってしまうんです。

視野角が広いと、見える範囲が広いだけではなく、自分の目で見ているような感覚なのでよりリアルな世界が楽しめます。

目安は105°以上のものを選ぶと良く、視野角が狭すぎるものはVR本来の良さを味わえなくなるので注意が必要です。

しかし高画質の場合VR酔いの原因にもなってきますので、自分に合っているのかは実際に使ってみないとわからないというのが本音です…

総合的にみたときの価格がポイント

以上のポイントをすべてクリアしているゴーグルは結局高価になってしまうんじゃないかというイメージがあるかと思いますが、実際はどんな多機能でも1万円を超えるスマホ型VRゴーグルはほとんどないんです。

画質も使用しているスマホに依存しているためスペックというよりは、どんな機能や特徴があるかの方が大事になってきます。

スマホ型VRゴーグルの最大のメリットはコスパなので、紹介したポイントを意識しながら自分に合ったVRゴーグルを安く手に入れるのが一番です。

スマホ型にはいろんな商品があり、専用のリモコンやイヤホンが付いたお得なセットもあるので商品をじっくり吟味して後悔しないVRゴーグルを選ぶようにしましょう。

より快適にVRアダルト動画を視聴するならリモコンは必須になります。スマホをセットして使用するため操作が困難にならないためにリモコン付きはおすすめです。

スマホ用のVRゴーグルを検討している方はこちら(スキップする)を参考にしてみてください。

VRアダルト動画向け、タイプ別におすすめVRゴーグルをご紹介

ここからは「スタンドアロン型」「外部機接続型」「スマホ型」の3種類別のおすすめVRゴーグルをご紹介していきます。

紹介するVRゴーグルは以下の基準で選定しています。

  1. 私(チョコボーイ村井)が実際に使用したことがあるVRゴーグル
  2. 売上数や人気があり高評価のもの
  3. FANZAのアダルトVR動画に対応している

ぜひ参考にしていただければと思います。

スタンドアロン型VRゴーグルのおすすめ5選

ここではスタンドアロン型のおすすめを5つご紹介していきます。

Oculus Go

Oculus Go
出典:Amazon
機器名Oculus Go(オキュラスゴー)
本体価格32GB:31,500円
64GB:31,900円
使用方式独立型(PC接続なし)
解像度2,560×1,440 液晶ディスプレイ
リフレッシュレート60Hz
視野角100°
音声内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし
トラッキング3DoF
コントローラー片手1機 4ボタン+タッチセンサー
重量468g
※メーカー販売が終了しているため、価格はAmazonを参考にしています。

Oculus GoはハイスペックVRデバイスで映像コンテンツをメインに、またはアダルトVR専用として使うのにも最適です。

操作性、外部機器との接続がいらない手軽さなどでストレスがなくユーザーからの評価も高いです。管理人の私も自信を持っておすすめします。

現在はメーカーの販売が終了しているため、通販サイトなどから購入するしかありませんが価格も公式価格よりも高価になっているので他のシリーズの方がいいというのが現状です。

レビュー

お手頃な価格で没入感が素晴らしいという評価が気になり、64GB版を購入しました。
結論から言うと、暗い部屋で使用すれば文句なしのVRヘッドセットです。
メニューの操作法なども、独特だけど直ぐに慣れるくらい簡単でした。

レビュータイトルの通り、鼻部分のスペースから外の光が入ってしまいます。
部屋を暗くすれば解決するのですが、そこだけ気になりました。

とてもお手頃なスタンドアロン型のVRゴーグルでしたが、販売終了となってしまったのが残念。VRアダルト動画を見るのには映像や操作性がとても快適な機種でした。

Oculus Quest 2

Oculus Quest2
出典:Amazon
機器名Oculus Quest 2(オキュラスクエスト2)
本体価格64GB:37,100円
256GB:49,200円
使用方式独立型/PC接続
解像度3,664×1,920 高速スイッチ液晶ディスプレイ
リフレッシュレート90Hz
視野角約100°
音声内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし
トラッキング6DoF
コントローラー両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量503g

2020年10月13日に「Facebook Connect」から発売された、最新オールインワンVRヘッドセット「Oculus Quest 2」。

ディスプレイ解像度・処理速度など様々な性能が向上している上、それなのに価格の安い。そのスペックの高さから「歴代最高のVRデバイス」として注目されています。

その性能の高さもあってVRアダルト動画との相性も抜群!ハイスペックと言われる「PC接続型」よりも高解像度ディスプレイでキレイな画質で映像を楽しめます。

特にHQの超高画質VR作品のポテンシャルをそのまま引き出すことができるので、リアルなVRセックスを体験でき現実と錯覚するほどです。

現在のVRデバイス市場で注目度・人気ともにNo.1といえるVRゴーグルです。

レビュー

VR機器としては素晴らしいです。
過去にPSVRを使用しておりますが、あちらより没入感は高いと感じました。
何よりスタンドアローンで使えるのは素晴らしい!
他の機器の立ち上げなどせずにすぐVRの世界に入り込めるのは大きいですね。
これで4万円を切るのは驚くほどの高コスパです。
多くの人に一度は体験してほしいと思います。

使ってみるとわかりますが、今まで使ってきたVRゴーグルで1番画質が良く動画の濃厚な世界観を味わえます。処理速度も操作性も抜群!リアルなVRセックスにハマりたいなら1番おすすめしたいデバイスです。

Oculus Quest

Oculus Quest
出典:Amazon
機器名Oculus Quest(オキュラスクエスト)
本体価格64GB:37,800円
128GB:64,000円
使用方式独立型/PC接続
解像度2,880×1,600 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート72Hz
視野角100°
音声内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能あり
トラッキング6DoF
コントローラー両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量571g
※メーカー販売が終了しているため、価格はAmazonを参考にしています。

販売総数70万台を誇るオールインワン型のゲーミングヘッドセットであるOculus Quest。

手軽さ・機能性の面でも完璧でした!この1台があればこれまでとは比にならないアダルトVRが体験ができますよ。

高解像度のVR映像視聴を有機ELディスプレイにより実現、高性能のPCVRゲームプレイができるので遊べるコンテンツの幅がとても広いです。

現在はメーカーの販売が終了しているため、通販サイトなどから購入するしかありませんが価格も公式価格よりも高価になっているので他のシリーズの方がいいというのが現状です。

レビュー

HMDは4台目ですが、最初のチュートリアルの出来が素晴らしいです。
あらかじめ自由に動ける範囲を決めて、それをはみ出そうとしたときの警告を表示してくれる。
単体アプリは性能的に当然弱いですが、oculusLinkも込みでトータル完成度という意味では現段階で一番のHMDかと思います。今買うならこれしかない。

メーカー販売も終了しているので、シリーズ最新のOculus Quest 2の方がすべての性能を網羅して、価格も安いのでそちらをおすすめします。

Mirage Solo

Mirage Solo
出典:Amazon
機器名Mirage Solo(ミラージュソロ)
本体価格64GB:53,200円(税別)
使用方式独立型
解像度2560×1440 IPS液晶
リフレッシュレート75Hz
視野角110°
音声Android™ N Proオーディオ
Bluetooth5.0
トラッキング6DoF
コントローラー片手1機 2ボタン+タッチパッド
重量645g

2018年4月に中国香港のPCメーカー「LENOVO」で開発され、世界で最初にスタンドアロン型のVRゴーグルとして販売されました。

元祖のスタンドアロン型VRゴーグルですが、最近の物にも負けないくらい性能がいいです。6DoF対応なのでVR空間内を自由に移動でき、外部機器との接続がいらないという手軽さが注目されました。

いまでも臨場感あふれるリアルなVR体験が出来ますよ。

GoogleのVR専用プラットフォーム「Daydream」の250以上のアプリが利用が可能で、映像コンテンツもたくさんあるのでアダルト動画視聴にもぴったり。

レビュー

PC接続なしで使用できるため、画質はあまり期待してなかったのですが、予想に反して満足のできる範囲のクオリティでした。没入感もあるので、まずまずリアルなVR体験ができます。
フル充電で3時間程度もちますが、目が疲れるので連続使用は1時間くらいがいいように思います。
6Dofに対応したコンテンツはまだまだ少ないですが、VR入門機としては価格も含めて充分納得できるので、VRに興味ある方にはオススメできるかもです。

現行のVRゴーグルにも劣らない性能なので、今でも評価は高いです。正規価格は高めですが、今では通販サイトで3万円くらいで販売されているので手に入れやすいのではと思います。

DPVR-4D

DPVR-4D
出典:Amazon
機器名DPVR-4D
本体価格33,000円
使用方式独立型
解像度2560×1440
リフレッシュレート72Hz
視野角96°
音声Surround-sound double speaker
Width Mini speaker
トラッキング3DoF
コントローラータッチパッド
重量417g

ここまでOculusシリーズを紹介して、いきなり他メーカーであるDPVR-4Dを紹介したのには理由があります。

こちらは国内でも2番目にVRアダルト動画を作品を扱うアダルトフェスタVRに特化したVRゴーグルだからです。ログインはもちろんアカウントへのアクセスがスムーズにできて、ストリーミング再生も快適なのですぐに視聴ができます。

アダルトフェスタを利用する最大のメリットは、オナホ連動システム「VR+1D」という機能です。動画の内容に連動してオナホなどのグッズが反応する画期的な機能で、次世代のリアルなオナニーを楽しむことができます。

その分FANZAには未対応であり、アダルト動画視聴がメインになってしまうので使用する幅が狭いというデメリットがあります。

レビュー

もっぱらアダフェスVRの視聴目的で買ったのだけど、いまや完全にそのためにしか使っていません。ブラウザでクロームが入っているけど更新できないし、ストアアプリもインストールできない。値段がそんなに高くなかったから、買ってみたんだけどもうちょっと拡張性がほしかったですね。

こちらは完全に使い方がアダルトフェスタ専用のVRゴーグルになってしまいます。専用アプリもいらず、オナホ連動用のBluetoothも完備されています。ただし使用の幅が狭すぎるので、いろんな使い方をしたいという場合にはおすすめできません。

接続型VRゴーグルのおすすめ3選

ここではVRゲームも楽しめて、VRアダルト動画も視聴できる接続型VRゴーグルのおすすめを3つご紹介します。

PlayStation VR(PSVR)

PlayStation VR(PSVR)
機器名PlayStation VR(PSVR)
本体価格34,900円
使用方式独立型/PC接続
解像度1,920×1,080 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート120Hz
視野角100°
トラッキング6DoF
コントローラーPS4コントローラー
重量600g

2016年に大手ゲーム機器メーカー「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」から発売されたVRゴーグルが有名なPSVRです。

3D空間・3Dオーディオによってゲーム内の世界に溶け込むことができ、リアルで臨場感のあるゲームプレイを楽しむことが可能です。

それはゲームだけの話ではなく、VRアダルト動画も同様に高い水準の画質と音声でリアルなVRセックスを体験することができるため没入感が2Dの比になりません。

PS4もしくは5をお持ちの方なら、今後もVRコンテンツの増加が期待されますので購入して楽しみの幅を増やすのもいいかもしれませんね。

レビュー

視界のほとんどを描写してくれるため、没入感は素晴らしいです。

しかし私はPS4プロでの使用ですが、解像度がスマホのVRと大差なく感じ、またヘッドセットに刺さっているコードが硬いため、違和感なく動くことは難しいです。

ただマイナーチェンジでコードの点が解消されるとの旨なので、低価格化も含め、まだまだ期待値の高いコンテンツだとは思います。

2022年にPSVR2も発売予定なので、そちらも視野に入れて検討してみるといいでしょう。PSVRはVR酔いがするというレビューも多かったのでそちらの改善にも期待ですね。

Oculus Rift S

Oculus Rift S
出典:Amazon
機器名Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)
本体価格49,800円
使用方式PC接続
解像度2,560×1440 液晶ディスプレイ
リフレッシュレート80Hz
視野角115度
音声内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし
トラッキング6DoF
コントローラー両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量500g

高水準のPC接続型の機種で人気があり、そのスペックから高評価のゲーミングVRデバイスであるOculus Rift S。

もちろんゲームだけでなくVRのアダルト動画を視聴するのにも最適です。PCのグラフィック処理を使っているため圧倒的な質の高いのアダルト動画を視聴できます。

そのためPCのスペックもそれなりに必要となり、初期コストの負担は大きくなってきます。ただそれでも高画質のVRが観たいという方にとって期待に応えてくれるスペックが魅力的!

上級者向けのVRゴーグルです。

レビュー

まず箱を開けて感動したのは、ケーブルが全部で1本しかないことです。
無印ではルームトラッキングを実現するために3つの外部トラッカーが必要でした。(USBもそれぞれ必要なので本体と合わせて4つ使用)
しかしSでは同等のことがヘッドセットの接続のみで行うことができます。カメラからの死角もありません。これだけで無印から買い替える価値は非常にあると思います。

ゲーミングPCを使用している人からの評価はやはり高いです。映像がキレイな分、没入感も高くなっていますのでアダルト動画というよりはゲームで凄さを感じる方が多いようですね。
対応しているPCは限定されますので、購入の際は自分のPCが対応しているスペックかの確認は必須ですよ!

HTC Vive

HTC Vive
出典:Amazon
機器名HTC Vive
本体価格64,250円~80,000円
使用方式PC接続
解像度2,160×1200 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート90Hz
視野角110度
トラッキング6DoF・ルームスケール
コントローラー両手2機 4ボタン+トラックパッド
重量555g

3m×4mの部屋サイズのVR空間内を自由に動き回れるルームスケールが体験できるのが特徴的なHTC Vive。

それによりVRゲームでもより没入感が高まりますし、アダルト動画をこれで見ればVR空間なのにリアルと勘違いしてしまうほどです。

画質の良さと90Hzのリフレッシュレートが更にVRの魅力を引き立ててくれるので最大限に楽しむことができる機種になっています。

レビュー

主要なVRゴーグルはほぼほぼ購入、経験しておりますが、このHTC VIVEで一応の完成をみたというのが私の主観的な評価です。もちろんたとえばvalveのindexやoculus questなど、新たな進化があるんですが、このHTC VIVE以前と以後の違いが大きいように思います。そういう点で、HTC VIVEを経験しておくことは意味あるかなと思います。

こちらはVRゲームを中心にプレイする方向けですね。VR空間内を移動できるという体験や高画質映像でリアリティのある演出を楽しみたい人には最適のVRゴーグルですが、なにせ高価なのでアダルト動画の視聴だけの使用だと持て余します。

では、最後に初心者が一番VRを体験するにはピッタリのスマホ型VRゴーグルのおすすめを3つご紹介します。

Canbor VR

Canbor VR
出典:Amazon
機器名Canbor
本体価格1,500円
使用方式スマホ型
大きさ幅:19.5 奥行き:10.0 高さ:9.0(cm)
視野角120°
ピント調整可能
メガネ対応対応
重量280g

長時間の視聴でも目に負担がかからないように、ブルーライトカット機能と電磁放射線防護機能がついているCanborのVRゴーグル。

視野角も120°と広いので臨場感のあるVRを楽しむことができ、スマホ型で不評となっている操作性の問題も専用のBluetoothリモコンによって動画視聴中に簡単な操作ができるようになっています。

購入前は安すぎるので実際は使えないんじゃないかと不安でしたが、コスパ最強というくらい満足できる商品でした。

レビュー

画質はスマホの性能次第ではありますが、お手軽VRと考えるとまずまずだと思います。スマホの画面の汚れや傷がハッキリ見えてしまうので、セットする前に汚れをキレイにした方が良いですね。
また、この機種には目幅調整と焦点距離調整が付いていますが、これの有る無しで見え方がかなり変わると思います。

近視の私でも、このピント調整機能で手軽にVRを視聴できました。安くVRアダルト動画を視聴したいという人にはすごくおすすめできます!

ELECOM VRG-M01RBK

ELECOM VRG-M01RBK
出典:Amazon
機器名VRG-M01RBK
本体価格2,835円
使用方式スマホ型
大きさ幅:18.2 奥行き:13.0 高さ:9.4(cm)
視野角非公開
ピント調整可能
メガネ対応対応
重量275g

スマホ型のVRゴーグルの中でも、性能、コスト、機能どれもバランスのとれているのがELECOM製のVRG-M01RBKです。

DMMが推奨しているVRゴーグルでもあり、付属のIOSリモコンはDMMのVR動画プレーヤーのみ操作ができる仕様になっています。VRアダルト動画専用の仕様なので、臨場感のあるVRエロ動画を体験したい方にはおすすめの一つです。

ピント調節機能もあり、性能もVRを楽しむには申し分ないのでストレスなく使用することができますよ。

レビュー

iPhone8はキレイに収まり、VR視聴には何の問題もありませんでした。
DMMの1000円分のポイントも付いていますので、家に届き次第、即VRが楽しめます!

VR未体験の方が試しに利用する分には、ちょうどいいですね。DMM推奨なのでポイントも付きますし、iphoneなら専用のリモコンもセットなので便利です。ただし、Androidには対応していないので注意してください。

T-PRO TVR-50

T-PRO TVR-50
出典:Amazon
機器名TVR-50
本体価格4,730円
使用方式スマホ型
大きさ幅:21 奥行き:23 高さ:11(cm)
視野角非公開
ピント調整可能
メガネ対応対応
重量921g

Amazonや楽天で人気商品ランキングで1位を取るほど人気があるスマホ型VRゴーグルがTVR-50です。

装着バンド部分にヘッドホンが搭載されているので立体的な音感を実現でき、臨場感の高いアダルトVR体験が可能。

しかし、あまりに人気が高く大手通販サイトでは売り切れが続き手に入れにくい状態です。

最新版のバージョン2も販売されていますが、7,000円と高価になってしまいます。

もし入荷されたら即購入してもいいくらいスペックが良いので購入できる機会があったら検討してみましょう。

レビュー

お値段以上にしっかりしていて、サイズ調整も簡単でフィット感もなかなかです。
対応機種も幅広く、私はXPERIAなのですが問題なく使用できました。
ヘッドフォン一体型でセットが簡単なのも良いですね。

スマホ型の中では、最高峰と言ってもいいくらい質がいいです。他のスマホ型よりは高値ですが、使用すれば買ってよかったと思えるくらいVR視聴に満足できますよ。

おすすめアダルト動画配信サービスと視聴までの方法

使用するVRゴーグルが決まり、購入したら次にVRアダルト動画配信サービスの登録をしましょう。

とはいえ、はじめはお試しに観てみたいという気持ちもあると思うので無料VR動画でVRを初体験してみてはいかがでしょうか。

大手動画配信サービス以外にも無料動画配信サービス(xvideosなど)でもアップロードされていますが、有料動画よりも画質が悪かったり操作性が悪いので本来のVRの良さを体験することはできません。

ウイルス感染やフィッシングに遭う可能性もありますので、安全に視聴できるサービスを利用しましょう。

おすすめする動画配信サービスは2つ

  1. FANZA
  2. Adult Festa(アダルトフェスタ)

登録方法と視聴方法を説明していきますので参考にしていただければと思います。

FANZA(旧DMM):国内最大のアダルト動画配信サービス

FANZA

FANZAは会員数3,000万人を越える業界最大手のアダルト動画配信サイトでVRの作品数も1,0000本以上配信しており、その内の40%が独占配信されています。

FANZAでしか観れない作品も多く、マニアックな作品も扱っているため国内のアダルト動画のほとんどはFANZAで視聴ができます。

つまりFANZAにさえ登録しておけば動画選びにはまず困ることはないほど作品が揃っています。

また購入しやすい低コストな作品も多く頻繁におこなわれる期間限定セールを狙えば最大60%オフで最安10円~100円でVR動画を購入できるのも嬉しいところ。

アダルト動画配信サービスの中では群を抜いて1番おすすめできるのでVRでアダルト動画を視聴したい方は登録しておきましょう。

FANZAへ無料登録する

1.FANZAの動画トップページ右上のDMMアカウント(下の画像のようなマーク)をタップして会員登録ページに進む。

DMMアカウント

2.メールアドレスと任意のパスワードを入力してアドレスを送信するをタップ。

登録方法

3.会員登録認証メールを開き会員登録認証アドレス(URL)をタップすると登録完了です。

登録方法2

4.無料VR動画一覧から好きな作品を購入済み一覧に¥0で追加をタップして追加しましょう。

サンプル

5.スマホで視聴する方は、FANZA VRページの中盤から専用のアプリをインストールする。

インストール

5.インストールしたアプリを開いて先ほど登録したアカウントでログイン。ライブラリに追加した動画を再生しましょう。

無料VR動画
ポイント
  • 今後ログインのために登録したメールアドレスとパスワードが必要になりますので忘れないようにメモしておきましょう。
  • 観たい有料動画があったら、支払いはクレジットカード払いかキャリア決済になります。参考:FANZA(DMM)の支払い方法まとめ

アダルトフェスタ:よりリアルなVRセックスを体験できる

アダルトフェスタ

もう一つのVRエロ動画専門の配信サービスであるAdult Festa(アダルトフェスタ)では、高品質のVRアダルト動画を配信しています。

FANZAに飽きたという方はこちらを利用してみるのもいいでしょう。

Adult Festa(アダルトフェスタ)はここがすごい!

  • 匠シリーズ:従来の2倍の滑らかさと2倍以上の画質3K解像度を実現した高画質VR!
  • VR+1D:大人のおもちゃと連動する動画
  • 映像分岐ストーリー再生:AV業界初の視聴時の選択によって変化するプレイ動画

特に、VR+1Dという機能は専用のおもちゃをBluetoothで繋ぐと動画と連動してオナホが反応してくれるシステムで次世代のオナニーが体験できます。

登録方法

  1. トップページ上部の会員登録から会員登録ページに進む。
  2. 「LPEG POINTへの会員登録が必要です」と書かれた直下の会員登録をクリック。
  3. メールアドレスを入力し送信をクリック。
  4. L-POINT会員登録の案内メールが届くので、本文に記載されたURLをクリック。
  5. 表示された必要事項を入力して、確認画面。そして登録するをクリックして登録が完了します。
  6. VR専用アプリDimension Playerをダウンロードし登録したアカウントでログイン。
  7. 無料作品一覧からお好みの動画を再生しましょう。

一般販売の他にも定額見放題のプランもあり、月額2,980円で利用可能です。毎日VRアダルト動画を楽しみたいという方はコスパ面でも良いですね。

人気VRゴーグルをピックアップして比較してみた

ではここまで紹介してきたVRゴーグルを

  • 価格別
  • 高画質
  • Amazon売れ筋ランキング

これらに沿って比較してみましたので、こちらもVRゴーグル選びの参考にしてください。

本体価格別にVRゴーグルを比較

HMDの種類タイプ価格
スマホ用VRゴーグルスマホ型¥1,000~¥5,000
Oculus Goスタンドアロン型¥32,000(Amazon価格)
PSVRゲーム接続型¥34,900
Oculus Rift SPC接続型¥49,800
Oculus Questスタンドアロン型¥37,800~¥64,000(Amazon価格)
Oculus Quest 2スタンドアロン型¥42,800~¥62,800
Mirage Soloスタンドアロン型¥53,200
HTC VivePC接続型¥64,250~¥80,000

比べてみると多機能になればなるほど、価格が高価になっていくのがわかります。また、PC接続型はどれも高い印象です。

VR空間を自由に動き回れるトラッキング機能があるかないかでも大分値段も変わりそうですね。

ただし、VRアダルト動画の視聴において必要とされる機能は最低限でも十分楽しめますので、ゴリゴリに詰め込まれたスペックのVRゴーグルを無理に用意する必要はありません。

今回紹介している機種全てでVRアダルト動画は視聴はできますので、コスパが良く高解像度の「Oculus Quest 2」が一番おすすめできるかなと思います。

高画質なVRゴーグルはどれ?

VRアダルト動画を視聴するにあたって、満足度を底上げしてくれる最大の要素が高画質で観れるかです。

ここではVRアダルト動画視聴だけを目的とした時に、失敗しないVRゴーグルを比較してみました。

機器/項目視野角解像度必要な機器価格
ELECOM VRG-M01RBK使用スマホで変化スマホ¥3,160
Oculus Go100°2560×1440なし¥32,000(Amazon価格)
PSVR100°1,920×1,080PS4¥34,900
Oculus Quest100°2,880×1,600なし/高性能PC¥37,800~¥64,000(Amazon価格)
Oculus Quest 2100°3,664×1,920なし/高性能PC¥42,800~¥62,800
Oculus Rift S115°2,560×1440高性能PC¥49,800

スペックと価格のバランスを考えると、やはり「Oculus Quest 2」が一番かなという評価です。

もしまだ「Oculus Go」が生産されていたらこちらをおすすめしたかったんですが、通販サイトで購入すると人気があるためか高値になってしまうのが痛いです。

まとめ

VRコンテンツはVRアダルト動画だけではなく、VRゲーム、映像、ライブなどこれからもどんどんその幅が広がっていくことでしょう。

その一つであるアダルトVRの感動をいち早く体験していただくために、今回はおすすめVRゴーグルを紹介させていただきました。

しっかりしたVRゴーグルを選ぶとなるとどれもコストがかかってしまいます。しかし、なるべく安くVRアダルト動画を体験するなら初心者も手が出しやすいスマホ型VRゴーグルでも十分楽しめますよ。

ある程度VRを体験して、高くなってもいいからもっとリアルなVRセックスを味わいたいという方は高画質「Oculus Quest 2」を選ぶのが間違いはありません。

VRゴーグルを手に入れたら、早速FANZAでぜひ疑似セックスを楽しんでみてください。

VRをはじめて女優選びに困ったらこちらを参考にしてみてください

[blog_parts id="103″]
[blog_parts id="383″]